読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想化通信

日本仮想化技術株式会社の公式エンジニアブログ

仮 想 化 通 信 Vol.005 (2010/01/27発行)

 仮想化通信メールマガジンの購読はこちらからどうぞ(無料)!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  日本仮想化技術株式会社メールマガジン

      仮  想  化  通  信     Vol.005 (2010/01/27)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■□ 
□■ 39セミナーに向けて
----------------------------------------------------------------------------
2月6日(土)開催のセミナーも、ついに来週末となりました。なぜかそういう時に限っ
て、通常の業務が忙しく、講師を務めるスタッフは皆悲鳴をあげていますが、これも
また産みの苦しみです。のんべんだらりとした時間の中からは、なかなかいい情報は
産まれません。限られた時間の中で、本当に皆さんに伝えたいことが抽出されること
が大事なのです。
さて、これまで我々のビジネスを様々な形で支えてくださった会社さんにも、今回は
ご協賛として関わっていただきました。各社さんからは、最新の製品カタログと、ノ
ベルティをご提供いただいております。こちらの方も是非楽しみにしていただければ
と思います。
現在のところ、まだ若干の空席があるようです。是非ご参加いただければ幸いです。
URL: http://VirtualTech.jp/39seminar/


■□ 
□■ ヤフオクで揃える仮想化インフラ(4)
----------------------------------------------------------------------------
正確に言うと、ヤフオクではなくeBayです。
日本国内では意外と手に入らないものも、eBayに行くと手に入ってしまうのが不思議
なものです。たとえばブレードサーバ関係のオプションなど、ヤフオクではほとんど
流通していませんが、eBayに出品している業者さんは売ってくれています。
支払いはPayPalが使用できますので、円高の昨今、意外と安く買えるのも嬉しいポイ
ントです。
業者さんによっては、海外発送はしてくれないことも多いですが、これは!と思うも
のは直接交渉してみてもいいかもしれません。
最近買った物としては、前回も書きましたがIntel VT-cに対応したNICヤフオクに
も出ていたことがあるのですが、かなり高くて見送りました。同じ金額で2枚買えて
しまうのですから、安い物です。
海外のサイトといっても、長い実績があるサイトですから、チャレンジしてみてはい
かがでしょうか?(宮原)


■□ 社長コラム
□■ 「仮想化セミナー全国行脚中 〜 仮想化ビジネスの広がり 〜」
----------------------------------------------------------------------------
現在、日本HPさんのお招きで、東京、名古屋、そして福岡の方々に仮想化のお話をさ
せていただいております。仮想化の基本的な設計から、昨年実施したHyper-V 2.0の
ベンチマーク、そして最近お問い合わせの多いVMwareHyper-Vの比較などをお話し
しています。
東京では何度も仮想化のセミナーを開催してきていますが、それ以外の地域で行うの
はOSCのような技術者向けイベントしかなかったので、どちらかというとビジネスに
携わっている方向けのものは初めてです。そこで感じるのは、非常に熱心であること、
そしてその向こう側には具体的な案件ニーズがあるということ。
仮想化の会社を立ち上げて3年経ちましたが、なかなか市場が伸びない、と感じると
ころもありましたが、ここに来てやっとではありますが、手応えが出てきたように思
います。
皆さんの仮想化技術を利用したシステム構築がスムーズにできるよう、我々も日々努
力して情報を発信していかなければならないですね。(宮原)


■□
□■ あ と が き
----------------------------------------------------------------------------
今回の仮想化通信はいかがでしたでしょうか?

「39セミナーに向けて」でも触れられていますが、通常業務が非常に立て込んでいて
技術部コラムを執筆するところまで手が回らず、今回は技術部コラムはお休みとさせ
て頂きました。すみません。
ちなみに、前号の技術部コラムで紹介したKVMWindowsドライバですが、無事にイン
ストールできましたので、この場をお借りしてご報告いたします。「で、ふつうのデ
ィスクイメージとどのくらい性能が変わるの?」という所は、39セミナーでご報告で
きればと思っています。ベンチマークはこれからです……。(大内)

★次回の仮想化通信は2月10日を予定しています。


----------------------------------------------------------------------------

■メールマガジンについて
 本メールマガジンは、弊社Webサイトから配信登録された方、イベント等で弊社ア
 ンケートにお答え頂いた方のうち、情報配信を希望された方にお送りしています。

■配信停止/メールアドレス変更方法
 メールマガジンの配信停止をご希望の方は、下記ページよりお手続きください。
 メールアドレスを変更される方は、古いメールアドレスへの配信停止手続きをして
 頂き、新しいメールアドレスをご登録ください。
  http://VirtualTech.jp/mailmagazine/

■バックナンバーについて
 メールマガジンのバックナンバーは、ブログ版仮想化通信に掲載しています。
  http://blog.VirtualTech.jp/category/mailmagazine/

■お問い合わせ
 発行 : 日本仮想化技術株式会社
  メール : kasotsu@VirtualTech.jp
  URL  : http://VirtualTech.jp/

----------------------------------------------------------------------------