読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想化通信

日本仮想化技術株式会社の公式エンジニアブログ

Yosemiteのクリーンインストールに失敗したら

先週末からMac OS X 10.10 "Yosemite"がリリースされました。さっそく自宅の検証用MacBook Airにインストールしようとしたら、「この OS X Yosemite インストール アプリケーションを検証できません。ダウンロード中に破損したか不正に変更された可能性があります。」というエラーでインストールができませんでした。

昼間はOSC東京があったりして色々と苦労しておりましたが、試行錯誤しているうちに解消できたので、同じ問題が起きた人のためにここに書いておきます。ただ、原因がよく分からないので、解消出来るかどうかは分かりません。

症状発生前の手順も含めて、時系列で手順を書いておきます。

 

  1. MacBook Pro RetinaクリーンインストールUSBメモリを作成
  2. MacBook Airクリーンインストールしようとするとエラー発生
  3. ・悩む。。
  4. ・とりあえず、MacBook Pro RetinaにUSBハードディスクを外付けして、ここにクリーンインストール
  5. ・USBハードディスクをMacBook Airに接続して起動(起動した)
  6. クリーンインストールUSBメモリで起動したら、クリーンインストールできるようになった

 

インストールできない対象マシンを、とにかく1回Yosemiteで起動すると、何かが変わるのでしょうね。

クリーンインストール前提でも、一度上書きアップデートをかけてからクリーンインストールする方が安全かもしれません。