読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想化通信

日本仮想化技術株式会社の公式エンジニアブログ

仮 想 化 通 信 Vol.007 (2010/04/01発行)

メールマガジン

 仮想化通信メールマガジンの購読はこちらからどうぞ(無料)!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  日本仮想化技術株式会社メールマガジン

      仮  想  化  通  信     Vol.007 (2010/04/01)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■□ 
□■ AMDの12コア搭載新型Opteronはすごい
----------------------------------------------------------------------------
3月29日(月)に発表になったAMDの新型OpteronはCPUコアを12コアも搭載した凄い奴で
す。コードネームは「Magny-Cours」。マニクールと読みます。

たまたま機会があり、リリース前の評価機を検証用にお借りすることができたので、
Hyper-V 2.0+SQL Serverで検証を行ったのですが、12コアx2プロセッサ=合計24コア
を使い切らせるのが如何に大変か。負荷をかけるためのロードジェネレータも何台も
用意しないといけないし、通信用のネットワークもそろそろ1Gbpsをいくつかでは足
りない気配です。それなのに、消費電力も抑えめだし、メモリ帯域も4チャネルも使
えてメモリモジュールも沢山挿せるし、まさに仮想化向けと言ってもいいですね。

海外では素早く搭載モデルのサーバーがリリースされたようですが、そういえばAcer
がこのCPUを搭載したサーバーをリリースしようとしているらしいです。一体どんな
のでしょうかね。家庭用でしょうか。(宮原)


■□ 
□■ Hyper-V 2.0 ベンチマーク覚え書き
----------------------------------------------------------------------------
3月は12コアのMagny-Coursをはじめ、様々なCPUと、様々なストレージを使ったベン
チマークテストを大量に行っていました。結果については色々な機会でお話しするこ
とになると思うので、ここではそのあたりに盛り込めないであろう内容を少し取り上
げておきます。

・半導体ストレージがやっぱり速い
仮想化するとI/Oが遅くなると言われますが、十分に速いストレージを使えば、きち
んと許容できるだけの性能が出ます。ただ、やはりハードディスクは元々が遅いので、
そこからさらに仮想化のオーバーヘッドがかかって遅くなると、「遅いなあ」という
ことになります。
データベースなどで本当に高い性能が必要なら、SSDを沢山並べてIOPSを稼ぐのが王
道なのでしょうね。

・LeftHandが面白い
HPに買収されたLeftHandは、ソフトウェアベースの分散型ストレージです。iSCSIで
接続できるのですが、ノード間でネットワークミラーリングが2wayおよび3wayで行え
るのが特長です。
今回テストしてみましたが、ネットワークミラーリングを行っても書き込みで10%程
度しか性能が落ちなかったので、なかなかの好感触でした。

・Hyper Threadingをどう活用する?
Intel Xeon 5500番台から復活したHyper Threadingですが、ハイパーバイザーによっ
てはその性能をうまく引き出せないこともあるようです。今回主に使用したHyper-V
2.0はきちんと性能がアップしましたが、VMware ESX 4では性能が出ませんでした。
もちろん、使用するアプリケーションによっては、ほとんど有効活用できない場合も
あるのでケースバイケースです。Hyper Threadingは、うまく活用できたらラッキー、
ぐらいに性能設計時は見ておくべきでしょう。

・メモリは32GBから48GBぐらいが良い?
今回使用したマシンのメモリは大体32GBから48GBぐらいにしていました。特に不足す
ることもなく検証ができたので、大体この辺りの容量がコスト面も考慮した一つの天
井でしょうか。(宮原)


■□ 
□■ セミナーイベント情報
----------------------------------------------------------------------------
弊社代表 宮原が、以下のイベントにて講演予定です。

★ 『ユーザーのための仮想化フォーラム2010』

  ・日時:2010年4月14日(水) 10:00〜17:20(9:30開場)予定
  ・会場:ホテル メトロポリタンエドモント 2F・悠久(東京都千代田区飯田橋)
  ・参加費:無料

  ・詳細および申し込み
    http://ac.nikkeibp.co.jp/itpro/virtual10spring/

★ 『HP/マイクロソフトが提案するエンタープライズクラウド基盤セミナー』

  ・日時:2010年4月12日(月)13:30〜17:20(受付開始:13:00)
  ・会場:秋葉原コンベンションホール
  ・参加費:無料

  ・詳細および申し込み
    http://h50146.www5.hp.com/events/seminars/info/seminar2.html


■□
□■ あ と が き
----------------------------------------------------------------------------
今回の仮想化通信はいかがでしたでしょうか?

前回の発行から、2回ほど無断休刊状態となってしまい、申し訳ありませんでした…。
発行担当(私)が通常業務で稼働率100%になってしまい、メールマガジン発行まで手
が回らない日々が続いておりました。今号もイレギュラーな木曜日発行になっており
ますが、次号より、平常通り水曜日に発行したい考えです。(大内)

★次回の仮想化通信は4月14日を予定しています。


----------------------------------------------------------------------------

■メールマガジンについて
 本メールマガジンは、弊社Webサイトから配信登録された方、イベント等で弊社ア
 ンケートにお答え頂いた方のうち、情報配信を希望された方にお送りしています。

■配信停止/メールアドレス変更方法
 メールマガジンの配信停止をご希望の方は、下記ページよりお手続きください。
 メールアドレスを変更される方は、古いメールアドレスへの配信停止手続きをして
 頂き、新しいメールアドレスをご登録ください。
  http://VirtualTech.jp/mailmagazine/

■バックナンバーについて
 メールマガジンのバックナンバーは、ブログ版仮想化通信に掲載しています。
  http://blog.VirtualTech.jp/category/mailmagazine/

■お問い合わせ
 発行 : 日本仮想化技術株式会社
  メール : kasotsu@VirtualTech.jp
  URL  : http://VirtualTech.jp/

----------------------------------------------------------------------------