仮想化通信

日本仮想化技術株式会社の公式エンジニアブログ

Proxmoxでコンテナを触ってみた

一つ前の記事でProxmoxの話題を取り上げました。

tech.virtualtech.jp

社内でProxmoxはLXCコンテナーが使えて超便利という話を伺ったので、早速試してみました。

Proxmoxでは作成したLXCイメージをアップロードして利用するほか、「テンプレート」というものが用意されていて、全くゼロの状態からProxmoxでコンテナを使えるようになります。

テンプレートは色々なLinuxディストリビューションが用意されています。

仮想マシンと比べて気軽に作って使えるのでアプリケーションの動作確認とか、一時的にLinux環境を使いたい時とかに便利ですね。

ちなみにアクセスについてはrootユーザーと設定したパスワードや公開鍵認証でコンテナーにアクセスできることを確認しています。

非常に簡単ですね。 rootユーザーでログインするところはUbuntuの流儀からちょっと外れていると思う面もありますが、コンテナ作成、管理が簡単なのは確かなようです。